3年後に取り壊される団地で綴る写真についてのブログ


by lhooq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リアルレトロ

 この公団は築40年以上たっているので随所にレトロな作りが残っていて、なかなかかわいいと我ながら思っていました。例えば窓は未だに木枠で鍵がねじ込み式の鍵なんですよね。c0060380_13211896.jpgこの古い鍵の感じと木枠がいい味を出してて、最初はかわいすぎる!と思ってかなり感激していました。長年使い込まれているからでてくる味わいにうっとりしていたのです。でもこれがなかなかくせ者で。
 まず急いでいる時もとりあえず回さないといけないので結構焦る。そして焦っているときに限ってうまく鍵穴にはいらず空回ししてよけい時間かかったりします。あと木枠なので隙間風が…生まれて30年初めて自分の部屋で隙間風に震えてしまった。だって2005年に隙間風って、ありえない! 寒さに震えながらベランダで一人灯油をいれているとき思わず「昭和枯れすすき」のフレーズが…いや、まだ何にも負けてないぞ!
 でも、いいところもあって木枠は密閉できないから部屋の中に風が入ってきます。その風に押し入れの襖が揺れて風の強い日は誰かいるかのような音が隣室にも響くのでかなりドキドキしますが。風がはいってくるということは換気がされているということなので、多分石油ストーブでも一酸炭素中毒はないなと。。。。
[PR]
by lhooq | 2005-02-20 14:01